《市場は移転するのか、それとも−。築地市場(東京都中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題で、東京都の小池百合子知事の臨時の記者会見が20日午後3時半、東京都庁(新宿区)で始まった》

 《グレーのスーツで会見場に現れた小池氏は、少し緊張しているのか硬い表情だ》

 「本日、急なお声がけでございましたが、ご参集いただきまことにありがとうございます」

 《公務がつまっていることもあり、小池氏は冒頭のあいさつも早々に、すぐに説明を始めた。会見は午後4時までの30分間で打ち切られるという》

 「本日、ご報告がございます。築地市場の再開発を含みます市場の新たなプランについて、都の職員にまとめるよう指示を出したわけでございます」

 「理由は2つありまして、豊洲ありきで移転後の計画が不十分ではなかったか、移転後に毎年生じる年間100億円近い赤字にどう対応していくのか、豊洲が老朽化して更新するときにどうするのか。いわば、今生きる人を見ています」

 《累積する負の遺産をどうするのかと語気を強めた小池氏は、未来志向の計画の必要性を強調した》

 「石原(慎太郎)都知事が豊洲移転を決定されてから、ロングタームの明確な計画は聞こえてきませんでした。昨年11月に設定されたロードマップに従って行政手続を踏んで参りました。市場のあり方戦略本部を開き、さまざまな選択肢、今後の青写真が出てきたところでございます」

 「当初は豊洲に移転して築地市場の跡地を売却、清算する案でしたが、市場のあり方戦略本部では、A、B、Cとさまざまな案が出されました。戦略的な市場のあり方を総点検したおかげではないでしょうか」

 《小池氏は都知事に就任して以降、これまでに行ってきた検証を振り返り、この検証作業に意味があったと訴えた》

 「築地市場の売却ですが、一時的にはお金が入ってきますが、一昔前の、箱物を作ったら終わり、という将来世代へのつけを残してよいものでしょうか。私はいけないと思います」

 「たこ足経営に終止符をうって、最後のチャンスになると考えました」

 《新たな基本方針を決めた理由の1つ目に、「今」ばかりを見ていて将来を見ていなかった点を挙げた小池氏。続いて、もう一つの理由を挙げた》

 「2点目ですが、日本一の世界に誇るブランド、築地のブランドは、長い間必死の思いで育て、守ってきました。市場関係者に真に向き合っていく必要があると感じたからです」

 「石原都知事時代の豊洲への移転については、無害化を念頭にしてきました。一方で汚染対策はこれまで850億円以上も投じられてきたものの、今年1月からのモニタリング調査でも、いまだに有害物質が基準値を上回る数値が検出され、無害化は果たされていません」

 「あるはずの盛り土がありませんでした。モニタリングで有害物質が検出されたと分かっていたなら、築地から移転した市場関係者はどうしたらいいのでしょうか」

 「先の専門家会議ですが、安全性を検証した平田(健正)座長が、地上は安全だが地下は追加対策が必要と出されました。検証会議の、これが答えということでした」

 「築地市場に赴き、市場関係者から率直な意見も伺ってきました。『私も築地が大好きなんだ』『時間をかけてもしっかり決めてほしい』など市場の切実な声を伺ってきました」

 《17日に築地市場で業者と面会した際も、築地への思いを口にしていた小池氏。移転について語るよりも前に、築地の今後について熱い思いを語った》

 「わが国は伝統文化を大切にしてきました。長い間、築地市場の方々、都民のみならず、日本が育て守ってきた築地の伝統やブランド。私はこれらを守っていくんだ、その信念と、豊洲で累積してしまう赤字、将来の負の遺産を残してはならないという、次の世代への思いと、これから日本一の世界に誇る築地ブランドからの食の魂を込めまして、この築地を再開発するという基本方針を判断するに至りました」

 「築地市場の跡地を再開発するということに課題はありますが、老朽化した市場に首都直下型地震への対応もにらまなければなりません」

 「築地ブランドを今後、60年、70年と育てていくために、応急手当てではなく、しっかりした手を打っていかないといけないと考えています」

 《時折、身ぶりを交えながら一気に語り終わった小池氏は、続いて、モニターを使って新たな計画についての説明を始めた》