菅義偉官房長官は18日午前の記者会見で、九州北部の記録的大雨を受け、政府が検討を進める激甚災害の指定について「運用の改善に取り組んでいるところで、さらに(指定までの時間を)短縮を図ることができないか、不断の見直しは当然のことだ」と語った。その上で「法改正も含めて、どのようなことが可能か取り組んでいきたい」と述べた。

 菅氏は「被災自治体が財政面で不安なく復旧・復興を進めていく上で、一日も早く激甚災害の指定を行うことが極めて重要だ」とも強調した。