民進党は10日の常任幹事会で、細野豪志元環境相の離党届を受理すると決定した。細野氏は、新しい政党をつくるとして8日に離党届を野田佳彦幹事長に提出していた。蓮舫代表は10日の記者会見で、細野氏を除籍処分としなかった理由について「要職は歴任したが、春以降は一議員という立場だった。夏の東京都議選でも汗をかいていた」と説明した。