南スーダン国連平和維持活動(PKO)日報問題などの安全保障問題に関する閉会中審査が10日、衆院安全保障委員会と参院外交防衛委員会でそれぞれ開かれた。小野寺五典防衛相は特別防衛監察の調査結果を説明した上で「大変厳しく反省すべきものだと受け止めている」との認識を示した。同時に「報告書はしっかりした結論を出した」と述べ、第三者機関も含めた再調査を否定した。

 野党が求めた稲田朋美元防衛相の参考人招致は与党が拒否したため実現せず、民進党などから批判が集中した。防衛監察本部の担当者は、陸上自衛隊から稲田氏に日報データの存在の報告があったかどうかに関し「関係者の証言があやふやで、発言が特定できなかった」と答えた。

 小野寺氏は陸自の調査結果の公表について「開示すれば今後の監察業務に支障をきたす」と拒否した。