菅義偉(すが・よしひで)官房長官は1日午前の記者会見に、緊急事態宣言発令前日の4月6日の記者会見以降着用していたマスクを外して臨んだ。

 菅氏はマスクを外した理由について「宣言解除から1カ月以上経過する中で、マスクで声がこもり、聞こえづらいという指摘もあった」と説明。「私と記者、記者同士の相互の距離を確保するなど、感染防止策はこれまでと同様に適切に講じた上での対応だ」とも語った。