平昌冬季五輪の開会式にドナルド・トランプ米大統領のそっくりさんと一緒に現れた北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長のそっくりさんが15日、自身のフェイスブック上で、14日に関東ホッケーセンターで行われたアイスホッケー女子の日本−南北合同チーム「コリア」戦で仕掛けた“ドッキリ”の顛末(てんまつ)を報告した。

 ニセ金正恩氏は白地に青い朝鮮半島が描かれた「統一旗」を振りながら、北朝鮮応援団「美女軍団」の前に登場した。

 韓国の聯合ニュースによると、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は15日、開会式で南北選手団が竹島が描かれていない統一旗を掲げたことを批判し、「独島(竹島の韓国名)を守る意思を行動で示すべきだ」と韓国政府に迫った。

 日本との領土問題を利用して南北結束を図ろうという金正恩政権の動きを忖度(そんたく)したのか、そっくりさんが手にしていたのは韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)が描かれた「ニセ統一旗」だった。

 ニセ金正恩氏は開会式でも北朝鮮応援団との接触を試みていた。しかし、会場係員にブロックされたようで、フェイスブック上で「応援団は声援を送っている最中で、われわれに気付かなかったようだ」と悔しがっていた。

 今回は約30秒間にわたって北朝鮮応援団の前でのパフォーマンスに成功し、「北朝鮮政権のプロパガンダとして韓国に飛んできた北朝鮮の応援団と何とか会った」などと書き込み、“ドッキリ”の一部始終を映した動画を添えた。

 「最高指導者にふんして彼女たちに会ったのは、彼女たちにとってかなり驚きだったようで、その反応は仰天、ショック、そしてくすくす笑いと多岐に富んでいた」

 動画には、「イギョラ(勝て)!、イギョラ!」と声をそろえる応援団の女性たちが、目をそらそうとしつつ、横目でそっくりさんをチラチラ見たり、笑いをこらえたり、怒りをあらわにしたりする様子がとらえられている。

 そっくりさんは狙い通りに応援団を笑わせ、怒らせ、そしてつまみ出された。「彼女たちは楽しんでいたが、北朝鮮の“監視人”は私のものまねがお気に召さなかった。だから私は力ずくで隣の区域に連れて行かれた」というそっくりさんはその後、別室で事情聴取を受けた後、会場を立ち去らせられた。

 このニセ金正恩氏は2016年リオデジャネイロ五輪にも出没し、「すべてのブラジル美女を私の愛人にして、北朝鮮にあるハーレムに招待するよ」などと軽口をたたいている。2017年4月には、今回、“共演”したトランプ氏のそっくりさん、オバマ前米大統領のそっくりさんと香港の街頭に現れ、カメラを向ける報道陣や市民を「撮影をやめないと強制収容所に送り込むぞ」と“恫喝(どうかつ)”して笑わせた。

 その正体もすでに、豪州系香港人の「ハワードX」氏というところまでは明らかになっている。初めて金正恩氏のものまねをしたのは2013年のエープリルフール。ものまねの完成度は年々、上がっているようだ。

 ロイター通信によると、ハワードX氏はアイスホッケー会場を立ち去る際、「私の顔は政治的過ぎる。しかしこの顔で生まれたのだから、この顔で生きていかなければならない」と語ったという。

 国際オリンピック委員会(IOC)は五輪憲章で「五輪区域、競技会場、またはその他の区域では、いかなる種類のデモンストレーションも、あるいは政治的、宗教的、人種的プロパガンダ(宣伝)も許可されない」と定めている。

 これを厳格に適用すれば、「顔が政治的」なハワードX氏だけでなく、プロパガンダのために送り込まれたと指摘される「美女軍団」も五輪憲章に抵触する可能性があるのでは…。(五輪速報班)