札幌市が2026年冬季五輪招致プロセスへの参加意思を表明したことを受け、日本オリンピック委員会(JOC)は竹田恒和会長と札幌市の秋元克広市長が22日に東京都内で会談することを明らかにした。

 会談で同市の五輪招致の意向を改めて確認した後、国際オリンピック委員会(IOC)に対して、立候補の可能性を探る第1段階の手続きに入る。竹田会長は「世界の(他都市の)状況がどうなるか。26年五輪と30年五輪のどちらが(招致の)実現性があるか見極めないといけない」と話している。