全国高校野球選手権群馬大会に代わる独自の「県高校野球大会」は2日、上毛新聞敷島と桐生の2球場で2回戦の残り4試合を行い16強が出そろった。前橋勢同士の実力校対決は前橋商が前橋工をくだし、明和県央は太田に逆転勝ち。常磐はコールドで高崎に大勝、前橋東は序盤のリードを守り大間々を振り切った。

    ◇

 【上毛新聞敷島球場】    

前橋工 101000000−2

前橋商 30002000×−5

(工)佐藤−井野       

(商)橋本−唐沢愛      

 ▽二塁打=星野、石原、橋本 

(商)

 前橋勢同士の対決は、初回に3点をあげた前橋商が中盤にも中押しの2点を加えて、逃げ切った。

 初回、前橋工に先制を許した前橋商は、その裏、相手先発・佐藤の立ち上がりを攻め、四球をはさみ5番星野までの4連打で3点を挙げ逆転。五回には安打の船津を石原が右翼線への二塁打でかえし、その後、相手失策でこの回2点目をあげ突き放した。

 四球と野選、犠打などで初回に無安打で先制した前橋工は三回、連打などで1点を加えたが、その後は前橋商の先発・橋本の前に無安打と沈黙した。

  ◇

【上毛新聞敷島球場】

明和県央100000501−7

太  田102000000−3

(明)渡辺、関口−蜂巣    

(太)伊集院、小沼、飯塚−伊藤

 ▽三塁打=萩原(明)▽二塁打

=田村(明)糸井駿(太)   

 2点を追う明和県央は七回、太田の二番手・小沼の制球難を突き逆転、継投策が明暗を分けた。

 明和県央は初回、三塁打の萩原をスクイズでかえし先制したが、その裏、四球と二塁打で太田に追いつかれ、三回には3四死球などで2点を献上する。追う七回、登板した太田の小沼が安打をはさみ3四球で苦しむ中、走者をため、富沢の適時打に相手失策も絡めて5点をあげ、試合をひっくり返した。

 太田は四回以降、走者は出すものの得点には至らず。九回も明和県央の二番手・関口に抑えられた。

    ◇

 【桐生球場】        

高 崎 00001−1    

常 磐 00065x−11    

 (五回コールド)   

(高)角田、進藤−飯塚潤   

(常)木村−阿部       

 ▽本塁打=進藤(常)▽二塁打

=松沢、進藤(常)      

 常磐が五回までに11点をあげ、1回戦に続く五回コールドで高崎を下した。

 序盤は散発2安打の常磐だったが四回、先頭の松沢が二塁打で出塁すると1死後、3連打、さらに進藤の本塁打も飛び出し6点をあげた。五回は四死球に失策と相手の乱れに乗じて加点し、最後は進藤の二塁打で3点を加え試合を決めた。

 高崎は五回、連打を足掛かりに1点を返したが、流れは止められなかった。

    ◇

 【桐生球場】        

大間々 101001000−3

前橋東 14000001×−6

(大)真下崇、田村−宮崎   

(前)笛木、栗原−新井    

 ▽二塁打=阿久津(大)鹿沼 

(前)            

 二回までに5点をあげ、序盤の攻防を制した前橋東が大間々をふりきった。

 初回に2安打と四球、失策も絡め大間々に先制を許した前橋東は、その裏、四球に内野安打、犠打2本で追いつくと、下位から始まる二回に打線が奮起。2安打と四球で満塁とするとワイルドピッチに犠飛、さらに鹿沼、黒瀬の連打で4点をあげ、主導権を握った。

 追う大間々は三回、継投の相手2番手・栗原を攻め2連打と四球で無死満塁として犠飛で1点を返したものの後続が続かず、大量点とはならず。序盤の失点を埋めきれなかった。