プロ野球は17日、各地で5試合が行われ、後半戦がスタートした。セ・リーグは2位阪神が2−1で2年連続優勝を目指す首位広島に競り勝った。左アキレス腱(けん)の断裂から約1年ぶりに復帰した西岡が、ハツラツとしたプレーでチームを勢いづけた。

 金本監督から「新しい風というか、雰囲気を変えたかった」と期待された西岡は「1番・一塁」で先発出場。初回の先頭打席、初球からセーフティーバントを仕掛け、全力で走ると、大歓声がわき起こった。結果はファウルだったが、「昔、盗塁王を取ったときのスタイル、スピードを見てもらいたかった」と復活ぶりをアピールした。

 五回の守備中には審判の判定にいらだったメッセンジャーに近寄り、英語でなだめた。ベテランらしい気遣いに、6回1失点と好投した先発右腕は「落ち着いていこうと声をかけてくれた」と感謝しきりだった。

 五回には中前打を放ち、背番号5は「ここから(打率は)3割打って、盗塁もいっぱいして、アキレス腱を切ったのにすごいなといわれるプレーがしたい」と宣言。後半戦の巻き返しを図るチームの起爆剤となれるか。(岡野祐己)