セガゲームスは16日、昭和63年に発売した家庭用ゲーム機「メガドライブ」の小型復刻版「メガドライブ ミニ」(仮称)を年内に発売すると発表した。セガが家庭用ゲーム機を発売するのは、平成13年にドリームキャストの販売から撤退して以来初めてで17年ぶりとなる。

 14日に東京・秋葉原で開かれたイベントでセガゲームスの親会社、セガホールディングスの里見治紀会長が「ミニ」の実機を手に明らかにしたところによれば、ミニは、メガドライブの4分の1のサイズ。当時のソフトをそのまま使って遊ぶことはできないが、複数のソフトを内蔵予定。発売時期や内蔵ソフトのタイトルは今後発表する。