青森県八戸市沖の海底下にある2千万年前に水没した地層の菌類を培養し、キノコに成長させることに海洋研究開発機構のチームが成功した。人類誕生以前の菌類の復活は、生命進化の道筋を探る手掛かりになるという。

 2012年に地球深部探査船「ちきゅう」で水深1200メートルの海底を2500メートル掘削。最深部の試料を採取し培養したところ、青カビなど69種の菌類が発生し、このうち今も世界に広く分布しているスエヒロタケの仲間が高さ約1センチの子実体(キノコ)を形成した。

 最深部の地層は50〜55度の高温で水や空気がない過酷な環境だった。チームは菌が最低限の生存エネルギーで済む胞子の形で生き抜き、快適な環境に移って長い眠りから覚めたとみている。

 この地層は石炭を含んでおり、かつてはユーラシア大陸の湿原か森林だった。地殻変動で大陸から離れ、日本列島が形成される過程で水没したという。

 菌類は人間との接触で遺伝情報が多様に変化する。稲垣史生センター長代理は「現代の遺伝子と比べることで、人類が進化に与えた影響が分かるかもしれない」と話している。(伊藤壽一郎)