【ワシントン=黒瀬悦成】ペンス米副大統領は14日、米ニュースサイト「アクシオス」のインタビューに応じ、北朝鮮の核・弾道ミサイル問題への対応に関し、「トランプ大統領は北朝鮮との対話を(意味があると)信じているが、対話は交渉でない」と述べ、北朝鮮が核放棄に応じない限りは本格交渉はしないとの立場を改めて表明した。

 ペンス氏は、北朝鮮は核・ミサイル開発計画を「完全かつ検証可能な形で放棄すべきだ」とし、「それがない限りは米国や国際社会は北朝鮮に対する態度の変化を考慮することは一切ない」と表明。南北間で対話の機運が盛り上がる中でも同盟国である日本や韓国との足並みは乱れていないと強調した。

 ペンス氏はまた、北朝鮮に対して外交、経済的圧力を強めていく方針を改めて示しつつ、「米国は北朝鮮の核・弾道ミサイルの脅威に対処するための有効な軍事的選択肢がある」と語り、「米国および同盟諸国の意図と真剣度について、あらゆる機会を利用して北朝鮮に思い知らせる」と言明した。

 さらに、北朝鮮の金正恩体制に関しては「地球上で最も非道で抑圧的。監獄国家に他ならない」と切り捨てたほか、韓国・平昌五輪開会式の場で金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正党第1副部長と会わなかったことについて、「彼女を避けたわけではなく無視した。いかなる形であれ、あの場で彼女に関心を寄せるのは適切でないと思った」と語った。