AKB48グループ総監督の横山由依(26)が12日、東京・文京区の東京ドームシティホールで行われたAKB48チームAコンサートに出演。昨年12月にNGT48の山口真帆(23)がファンの男2人から受けた暴行事件を謝罪した。

 コンサート序盤に事件について触れた横山は「今回、すごく起きてはいけないことが起こってしまい、皆さまにご心配おかけしてしまって、本当に申し訳ありませんでした」と神妙な表情。運営側の対応が問題視されていることを受け、「私も総監督として今後の対応についても含め、運営に厳しく言わせていただきました」と語った。

 最後は、全メンバーの思いを代弁するように、「私たちはこれからも夢に向かってメンバーと支え合って活動を頑張っていきたいと思います」と締めくくった。

 山口は昨年12月8日、新潟市内の自宅マンションの玄関先で男2人に顔をつかまれるなどした。2人は逮捕されたが、その後は釈放され、不起訴処分になった。

 山口は10日のNGT48劇場3周年公演に出演し、「この度はたくさんお騒がせして、誠に申し訳ありませんでした」と謝罪。運営側は同日に公式サイトで「対応が不十分だった」とし、メンバーの1人が道でファンの男から声をかけられて山口の帰宅時間を教えたこと、もう1人のファンの男も事件に関与していたことを明らかにした。