SKE48の荒井優希(22)が4日、東京・後楽園ホールで行われた女子プロレス団体、東京女子プロレスの試合に初参戦した。

 同プロレスデビューとなった荒井は、渡辺未詩(21)とタッグを結成。九州・福岡を拠点に活動するアイドルグループ、LinQ出身の伊藤麻希(25)・遠藤有栖(23)組と対戦した。

 必殺技のかかと落とし「Finally」を連発も敗退し、ほろ苦デビューとなった。試合後に報道陣に対応し、「すごい悔しいけど、プロレス楽しいなっていう気持ちになれた」と充実の表情。6月6日に埼玉で開催する試合にも出場することになり、「きょうよりも成長した姿を見せられるようにもっと練習したい」と瞳を輝かせた。

 対戦相手の伊藤は「デビュー戦にしてはよくやった方だけど、100点満点中8点!」と辛口採点でエールを送った。