タレント、鈴木紗理奈(39)が15日(日本時間16日)、スペイン・マドリード国際映画祭で最優秀外国映画主演女優賞を受賞した。初主演映画「キセキの葉書」(ジャッキー・ウー監督、8月19日公開)での演技が評価された。

 ノミネートを受けて13日から現地入り紗理奈は自身のツイッターで、パスポートを盗まれたことを明かした。「ホテルの中やったから、防犯カメラ見てもらったら映ってた。プロの泥棒」と肩を落とした。

 帰国後の19日に会見が予定されているが、「こっち時間の月曜日の朝一で大使館に行って一回限り有効の、渡航者用紙というものを発行してもらう予定です。それを発行してもらうことができれば、日本には帰れます」とファンに報告した。