人気女性グループ、E−girlsが16日、さいたまスーパーアリーナで、19人体制から11人体制へ移行後初のライブパフォーマンスを行った。

 新生E−girlsらで構成される新ガールズプロジェクト「E.G.family」のお披露目ライブの一環で、11人体制初シングル「Love☆Queen」(26日発売)など2曲を披露。ボーカルの鷲尾伶菜(23)は「11人で新しい色を生み出していきたい。先頭に立って夢をどんどん追いかけていきます!」と決意表明した。

 旧E−girlsもラストステージに立った。グループを卒業し、今後はDream Ami名義でソロ歌手に専念するAmi(29)は「E−girlsに出会って人生が180度変わりました」と涙ながらに感謝。10月4日に初ソロアルバム「Re:Dream」を発売し、11月9日から初のソロツアーを開催することも発表した。ライブは15日から2日間開催され、計6万人が新旧E−girlsメンバーの門出に声援を送った。