12日発売のシングル「いま、太陽に向かって咲く花」で3年ぶりにメジャー復帰したシンガー・ソングライター、NOBU(29)が16日、地元の宮崎・青島ビーチパークで発売ライブを行った。デビュー2年後の2014年に契約が解除されるも枯れることなく全国で歌い続け、5年前に応援歌として作った同曲のリメークで再起。「紅白の花を絶対咲かせたい!」と、夢のNHK紅白歌合戦出場に向けて意気込んだ。

 再び“芽”が出た注目アーティストが、ビーチに降り注ぐ太陽に向かって歌声を響かせた。

 「宮崎の空気は最高! 好きな人の前で歌うような感じで、パワーが出てきました」

 この日午前4時ごろにTBS系「音楽の日」に生出演後、地元に凱旋したNOBU。最高気温32度の中、300人を前に再デビューを報告し、充実の表情で汗を拭った。

 2012年にアルバム「POWER TO THE PEOPLE!!!」でメジャーデビューも結果が出ず、14年にレコード会社から契約解除され、その後は自身で会場を予約するなど、ギターを抱えて3年間で全国200カ所を回り、ファンを増やしてきた苦労人。

 そんな逆境の中で自身の支えになったのが、就職した兄のために5年前に書いた応援歌「太陽に向かって咲く花」。ひたむきに頑張る人々の姿を名もない花に例えた同曲は、全国を回るうちに浸透。熊本地震の被災者たちも励まし、九州から徐々に火が付いた。

 今年3月に関係者の目に留まり、同曲でのメジャー復帰が決定。新たに歌詞を加え、SING LIKE TALKINGの佐藤竹善(54)がアレンジとプロデュースを担当し、生まれ変わったのが「いま−」だ。

 同曲は今月に入って、有線チャートの3部門で1位を獲得するなど発売前から注目を集め、オリコンでもデビュー盤の最高212位を大幅に上回る18位を記録。

 目標のステージは紅白。「小6のころから毎年、隣のおばちゃんに『紅白見ちょってよ、出るからよ』って言って、元日に『出らんかったがね』って言われているんです」と苦笑したNOBUは「今年こそ紅白の花を咲かせられるように頑張ります」と誓った。

NOBU(のぶ)

 1988(昭和63)年7月3日生まれ、29歳。宮崎県小林市出身。5歳でピアノを始める。9歳のときに2歳上の兄とバンドを組み、ドラムを担当。14歳から作詞作曲も行っており、18歳でのバンド解散を機に、ソロ歌手に転向。2012年に「N.O.B.U!!!」名義でデビューするも、14年に契約解除。目標とする歌手は、小田和正(69)。趣味はスケートボード。