女優、栗山千明(32)が12日、大阪市内で出演舞台「ミッドナイト・イン・バリ〜史上最悪の結婚前夜〜」(10月7、8日、大阪・サンケイホールブリーゼ)の取材会を行った。

 「喜怒哀楽が激しく、なんでも思ったことを言ってしまう故に嵐を起こしてしまう、『こじらせ系』です」

 5年ぶりの舞台はバリ島での結婚式を翌日に控えたカップルとその親が、コテージで赤裸々な言葉をぶつけ合うシチュエーションコメディー。結婚がテーマだが、自身の結婚については「ないです。1人の時間が好きなので」とキッパリ言い切った。

 台本を手掛けたのはNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月〜土曜前8・0)の脚本家、岡田惠和氏(58)。

 栗山の故郷である茨城が舞台になっているが「なんで私が呼ばれなかったのかな〜。リアルに茨城弁いけるんだけどな〜」とポツリと話した。