歌手、倉木麻衣(35)が15日、京都市内のホテルで「『きものの日PR大使』任命式・京都タワーライトアップ点灯式」に出席した。

 「着物を着るたびに日本人としての誇り、自信を身にまとっているような感動をいつもいただいております」

 柊(ひいらぎ)をイメージしたカラフルな着物で登場。京都・立命大出身の倉木は「第二のふるさと」と京都を表現し喜んだ。その後の点灯式では、ボタンを押すと倉木の着物に合わせてカラフルに京都タワーが彩られた。

 「私もアジアで活動する機会がありますので、着物の魅力を存分に発信していきたいと思います」と世界に着物の魅力をアピールしていく。