俳優、船越英一郎(56)と泥沼の離婚劇を展開中のタレント、松居一代(60)に、夫との不倫相手と言われた脚本家、大宮エリー(41)が16日放送のフジテレビ系「Mr.サンデー」(日曜後10・10)の直撃取材で、松居が投稿した動画の内容について反論した。

 この日、北海道函館市でイベントに出席した大宮は、松居の動画について直撃され、「本当にない。ないよ、あるわけないわ!」と強く否定した。手紙について尋ねられると「見てないんだけど…」と話した。取材記者が「これなんですけど」と差し出したが、大宮は「もう、ごめん…すし食べに行くから」と手紙の文面を見ることなくタクシーに乗り込んだ。

 大宮は取材前に出演したイベントで「いろいろ渦中の人になって困ってるんですけど…ないですよ。迷惑だわ」とキッパリ否定していた。「事務所から『何も言うな』って言われてるんですけど」としながら「事故みたいなものもあるもんで、自分が正しくてもダメなことってあるんだな」とボヤいていたという。

 松居が13日午後8時すぎ、新たな動画をユーチューブに投稿した際、船越が2011年から別居を始める引き金になったのが、ある女性から船越に送った手紙だと主張。公開された手紙の最後には、送り主として「大宮エリー」を名乗る女性の名前が記されていた。

 大宮の公式サイトでは同日、松居の名前は挙げなかったが、「今回の一連の報道を受けまして、私共と本人との擦り合わせの結果、事実誤認甚だしく、大変迷惑な話しです、と一言だけ発表させて頂きます」とのコメントを掲載。「この件に関しまして、当事務所としましては、これを持って最初で最後のコメントとさせて頂きます事をお許しください」とつづっていた。