日米野球エキシビジョンゲーム(8日、巨人6−9MLB選抜、東京D)宮本投手総合コーチが、若手投手陣の成長を口にした。登板したのは10代、20代の投手で、H2Oの代表曲『想い出がいっぱい』のメロディーに合わせ「彼らは『大人の階段登っています』。こういった舞台で投げるのが彼らの成長につながる」と評価。さらに来年3月末のシーズン開幕に向け「一歩ずつ登ってきてほしい」と期待した。

2回1失点の巨人・桜井「真っすぐで押せた。それを課題にしていたので、よかったです」

1回無失点の巨人・田口「なかなかない経験。貴重なこと。腕を振って投げることができました」

2回1失点の巨人・大江「真っすぐでファウルを取れたのは自信になる」