WBC世界バンタム級タイトルマッチ(15日、京都・島津アリーナ)の予備検診が12日、東京都内で行われ、国内最多タイとなる13度目の防衛を目指す同級王者の山中慎介(34)=帝拳、同級1位のルイス・ネリ(22)=メキシコ=はともに異常なしと診断された。

 体格面で、山中が大きく上回った。身長で5センチ高い1メートル70、リーチは7センチ長い1メートル74。山中は「ネリを見て、改めて自分がバンタム級で大きいことが確信できた。自信にもなる」と余裕の笑みを浮かべた。 

 一方、体格面でやや不利の数値が出たが、ネリは「視力、拳の大きさでは自分の方が上回った」と反論。「今まで山中選手より背の高い相手と戦っているので心配ない」と力説した。