(セ・リーグ、DeNA−阪神、17回戦、13日、横浜)DeNAが四回を終えて6−1とリードしている。

 先制したのは阪神。二回、相手先発のD1位・浜口(神奈川大)から先頭の5番・中谷が四球を選ぶと、6番・鳥谷の左前打で無死一、三塁。続く大和が中犠飛を放ち、先制した。DeNAはその裏、一死一、二塁とすると9番・倉本が右翼へ飛球。右翼手・中谷は照明が目に入ったか、これを後逸(記録は二塁打)。2者が生還し、DeNAが逆転した。続く1番・桑原も左中間を真っ二つに破る適時二塁打を放ち、この回3点を奪った。阪神の先発・松田はこの回限りで降板した。

 DeNAは四回、一死から1番・桑原が左中間へ大飛球。中堅手・俊介がフェンスに激突しながら捕球を試みるがかなわず三塁打。続く2番・柴田も詰まりながらも左前に運ぶ適時打を放つと、3番・筒香が左翼席に叩き込む18号2ランを放って大きくリードを広げた。