(パ・リーグ、ソフトバンク3−2日本ハム、20回戦、ソフトバンク15勝5敗、13日、ヤフオクD)今季4度目の6連敗。大沢監督(当時)がシーズン最終戦でファンに土下座した1994年以来、23年ぶりの借金33となった。ソフトバンクを上回る13安打を放ったものの、決定打が出ずに得点は中田の13号2ランのみ。4戦連続の1点差負けに栗山監督は「監督が能無しなので、そういうことになってしまっている」と自らを責めた。