(セ・リーグ、巨人5−2DeNA、1回戦、巨人1勝、30日、東京D)巨人が六回に岡本、パーラの適時打で逆転し2連勝。先発の戸郷が6回1/3を投げ4安打2失点で2勝目を挙げた。「7番・左翼」で移籍後初出場したウィーラーは3打数1安打だった。DeNAは一回に3安打で2点を挙げたものの、二回以降は2安打にとどまった。

 DeNAは戸郷の立ち上がりを攻め、一回1死二、三塁から佐野が中犠飛を打ち上げると、続く宮崎の中前適時打で2点を先制した。巨人は二回、中島がDeNA先発の浜口から左翼席中段へ1号ソロを放ち1点を返した。

 巨人は六回、2つの四球で1死一、二塁とすると、この日誕生日の岡本が右前適時打を放ち同点。さらに2死一、三塁からパーラの左前適時打で勝ち越した。八回には丸の1号ソロ、岡本の5号ソロで突き放す。九回はデラロサが2死から一、二塁のピンチを招いたが無失点でしのいだ。