第99回全国高校野球選手権大会第2日第3試合(前橋育英12−5山梨学院、9日、甲子園)プロ注目左腕、吉松塁投手(3年)ら5投手で13四死球を与え、12失点。清峰(長崎)を率いて2009年のセンバツで優勝するなど経験豊富な吉田洸二監督は「あそこまで投手が打たれるとは不思議でした。甲子園の力でしょうか」と首をかしげた。日本ハムで活躍し、現在は球団査定担当を務める五十嵐信一氏の長男、寛人捕手(3年)は四回に3点三塁打を放つなど奮闘。「大学に行って、チャンスがあればプロ野球に行きたい」と前を向いた。