サッカーの国際親善試合でJ1・C大阪と対戦したスペイン1部・セビリアは3−1で勝利。日本で首位を走るチームに対し、スペインで昨季4位の強豪が力をみせつけた。以下はセビリア・ベリッソ監督の試合後会見の一問一答。

 −−試合を振り返って

 「前半と後半は違う試合になった。前半はプレッシャーを強くかけられたが、後半はゆっくりしたプレーになった。いい練習ができたと思うし、いろんな選手を使って準備ができたのでよかった」

 −−C大阪はスペインリーグでどれくらいできると思う

 「シーズンの最中だし、比べるのは難しい。われわれはオフェンスでチャンスを作ることもできたし、シーズンに向けていい準備ができたと思う」

 −−新加入が発表されたノリートに期待することは

 「オフェンスで高い能力を持っていると思うし、いろんな動きを加えられると思う」

 −−C大阪で印象に残った選手は

 「FWの2人(山村、杉本)とキャプテンの柿谷が印象に残った。セレッソの左サイドは切り替えが早く、危険を感じました」

 −−まだ補強したい選手はいるか

 「名前をいうのは好きじゃない。値段が高くなるからね。まだ埋められていないポジションがあるので、考えているところです」