アジア・チャンピオンズリーグ1次リーグG組(17日、広州恒大3−1C大阪、広州)勝ち点8で2位のC大阪は16強入りを懸けて同9で首位の広州恒大(中国)と対戦。勝てば16強入りだったが3失点で敗れ、同時刻に行われた済州ユナイテッド(韓国)−ブリーラムユナイテッド(タイ)は勝ち点6で3位のブリーラムが勝利したため、1次リーグで敗退となった。

 16強入りと首位通過の懸かった一戦は開始早々に試合が動いた。先制したのは広州恒大。前半6分、右サイドからのサイドチェンジを受けたMFガオリンが中央へシュート性のパスを供給。これをMFフアンボーウェンがワントラップでDFをかわしゴールに蹴りこんだ。C大阪は同9分、MF福満が同点ゴール。MF山田のスルーパスに反応しDFラインを突破。GKツェンチェンが立ちはだかるもフェイントから冷静にかわし、無人のゴールへ流し込んだ。結局、1−1で前半を折り返した。

 C大阪は後半12分、CKからFWアランにゴールを許し苦しい状況に。同20分にはMF田中亜土夢がペナルティエリア内でGKに倒されるもノーファールの判定。ビデオ映像ではGKが田中のボールを止めようと伸ばした手はボールに届かず、足を払って倒したように見えたが笛は鳴らなかった。

 C大阪はその後攻勢を強めるもゴールは割れず。同40分にはアランに追加点を許し、16強入りはならなかった。