横浜やマリナーズで活躍した佐々木主浩氏(50)が16日、ニッポン放送の「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月〜金曜前11・30)に生出演。米大リーグ、エンゼルスで投打の「二刀流」に挑んでいる大谷翔平(23)について語った。

 佐々木氏は、大谷について開口一番「すごいですね」と感嘆。仮に投手に専念したら「どれだけすごいピッチャーになるのかな…今、両方やってるから」と語った。

 投手・大谷について佐々木氏は、「160キロを投げるピッチャーはなかなかいないから」とした上で、「(大きい)体があるから。手足長いですし」と絶賛。打者・大谷についても「なかなかあそこまで振れるバッターはいないですよ。あれだけ全力で振れるのは。あれほど難しいことはない」と評価。自身が宮城県出身ということもあり、岩手県出身の大谷を「やっぱり東北県人はすごい」と自画自賛も交える冗談で、笑いを誘っていた。