男子ゴルフの今季メジャー最終戦「全米プロ」最終日(現地時間13日、米ノースカロライナ州クウェイルホロークラブ=7600ヤード、パー71)首位と1打差の2位から出た松山英樹(25)=LEXUS=は、5バーディー、6ボギーの72とスコアを落として通算5アンダーの5位に終わり、日本男子初のメジャー優勝はお預けとなった。松山と同組で首位に2打差の4位からスタートしたジャスティン・トーマス(24)=米国=が通算8アンダーでメジャー初制覇を成し遂げた。

 ホールアウト後、悲願のメジャーVに3打届かず悔しさがこみ上げてきた松山はタオルで目頭を押さえると「悔しいです」の言葉しか出ず、うずくまって涙をぬぐった。

 松山は2番(パー4)でボギーとしたが、7番(パー5)で第2打をグリーンに乗せると2パットの連続バーディーで首位に並んだ。続く8番をパーセーブすると首位のK・キズナー(米国)がボギーとして単独首位。アウトをトップで折り返してバックナインに入った。

 残り9ホールは出入りが激しく、10番でバーディーとするも11番から3連続ボギーでスコアを崩したが、15番から再び連続バーディーで息を吹き返した。

 しかし、難関の上がり3ホール「グリーンマイル(死刑台への道)」の入り口の16番(パー4)で1メートルのパーパットがカップに蹴られて万事休す。日本男子初となるメジャー優勝は実現しなかった。