(セ・リーグ、中日7−2ヤクルト、19回戦、中日11勝8敗、13日、ナゴヤD)2−7で敗れ、借金が今季ワーストの32となった。苦境の中で山田が3安打を放ち、今季5度目の猛打賞(1試合3安打以上)を記録。「タイミングがしっかり取れているのが一番」と分析した。8試合連続安打で3戦連続の1試合複数安打。7月終了時に・223だった打率は・248へ上昇し杉村チーフ打撃コーチは「(不振だった)今までの分も打ってもらおう」と期待した。