テニス・イタリア国際(16日、ローマ)男子シングルス2回戦で、世界ランキング24位の錦織圭(28)=日清食品=が、第3シードで同4位のグリゴル・ディミトロフ(26)=ブルガリア=に6−7、7−5、6−4で逆転勝ちした。3回戦では同28位のフィリップ・コールシュライバー(34)=ドイツ=と対戦する。

 錦織は第1セット、第5ゲームで先にブレークし、3−2とリード。第6ゲームをキープし4−2とし、試合の主導権を握ったが、第10ゲームでブレークを許し、5−5と追いつかれた。タイブレークの末、このセットを先取された。

 第2セットは第7ゲームでディミトロフが先にブレークし4−3。続く第8ゲームを錦織がブレークバック。4−4と追いつくと、第11ゲームで再びブレークに成功し、このセットを奪った。

 第3セットも第5ゲームで先にブレークを許す苦しい展開。続く第6ゲームをディミトロフにキープされ、2−4と突き放されたが、第8ゲームでブレークを奪い、4−4と追いついた。第9ゲームをキープし5−4とすると、第10ゲームで再びブレークに成功し、3時間近い接戦をものにした。