港町の夏を彩る「第48回玉野まつり」(玉野まつり振興会主催)が5、6の両日、玉野市中心部で開かれる。おどり大会は46団体約1700人が、市役所西側大通りで躍動。花火大会は約5千発を宇野港第2突堤から打ち上げ、夜の海をカラフルに染める。 おどり大会は5日午後6時半スタート。踊り連が2班に分かれ、約100メートルの範囲を輪踊りする。アップテンポの「かっからかニューバージョン」をはじめ、「花咲く玉野」「玉野いきいき音頭」を披露。9時半からの総踊りでフィナーレを迎える。 花火大会は6日午後7時50分から約30分間。テーマは「海と空、きらめく玉野“夢花火”」。打ち上げ花火でキクやボタン、ハート、スマイルなどを表現し、飛び散る光が海と夜空を幻想的に照らす。連射のスターマインで締めくくる。 交通規制は5日午後5時半〜10時半と、6日午後6時〜9時半。メルカ前の市道、宇野港周辺などが車両進入禁止になる。駐車場は5日が宇野小学校など、6日は玉野競輪場。シャトルバスの運行はない。まつり振興会は公共交通での来場を呼び掛けている。 悪天候の場合は中止。問い合わせはおどり大会が市観光協会(0863—21—3486)、花火大会が玉野商工会議所(0863—33—5010)。 まつりに合わせ、ショッピングセンター・メルカはビアガーデンを屋上駐車場で初開催する。ビールやサワー、各種ソフトドリンク、バーベキュー、カレーライスなど。両日とも午後4時営業開始。5日は10時、6日は9時まで。前売り券などの問い合わせはメルカカウンター(0863—33—9500)。