井原市の大江まちづくり協議会は4日、大江町の大江公民館で、地元で特産化を進めているニンニクを使った料理コンテストを開いた。総菜やソースなど住民らのアイデアメニューが並び、1位には藤井妙子さんの「イタリアンおやき」が選ばれた。 大江町内外の7人がコロッケ、バジルソース、タルタルソース、パスタなどを出品。イタリアンおやきは、みじん切りにしたニンニク、アンチョビ、ベーコン、チーズなどを皮で包み、ニンニクオイルで焼いた。住民ら50人による試食、投票で優秀作が決まった。 コンテストは昨年に続き2回目。