台風5号は6日、九州南部にかなり接近して北東へ進み、九州南部や奄美地方は大荒れの天気になった。7日未明に四国に接近し、午前中にも上陸する可能性がある。 岡山地方気象台によると、岡山県には7日昼すぎから夕方にかけて最接近する見込み。昼前から激しい雨が降る恐れがあり、1時間雨量は多い所で南部50ミリ、北部60ミリ。最大風速(最大瞬間風速)は陸上20メートル(35メートル)、海上25メートル(35メートル)とみられる。大潮と重なっているため、沿岸部では高潮への警戒が必要。津山市、勝央、奈義町では局地的な突風「広戸風」が吹く可能性もある。 同気象台は「進路が北寄りになった場合、予報よりも雨や風が強まるかもしれない。今後、発表される気象情報に注意してほしい」としている。