精巧なフィギュアで知られる海洋堂(大阪府門真市)の作品を集めた「海洋堂EXPO」(イオンモール岡山など主催)が、同モール5階おかやま未来ホール(岡山市北区下石井)で開かれている。人気キャラクターの模型からお菓子のおまけ「食玩」まで3千点以上が並ぶ。20日まで。 高い技術力が評価され、東京国立博物館や英国・大英博物館などの公式グッズも手掛ける海洋堂。会場では細部までこだわり質感も再現した国宝・阿修羅像のミニチュアや、懐かしい特撮映画のヒーロー、制服姿の美少女キャラのフィギュアなどが目を引いている。 箱の中にフィギュアを置いて大自然やアニメの名場面を表現したジオラマもあり、来場者はお気に入りをスマートフォンで撮影していた。卵形チョコレート菓子「チョコエッグ」をはじめとする食玩を集めたコーナーには、セキセイインコや猫、ハムスターなどが飾られている。 会場前には「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイや、「北斗の拳」のケンシロウの巨大フィギュアを設置。同社のカプセルトイが入った44種類の販売機も並べている。 岡山市南区、会社員男性(42)は「アニメのジオラマは頭の中でシーンがよみがえった。技術の高さを改めて感じた」と話していた。開催17日目の7日には入場1万人目のセレモニーが行われ、訪れた宮脇修一社長は「世界最高峰のクオリティーのフィギュアをじっくり見てもらいたい」と話していた。 入場料は一般千円、中学〜大学生700円、小学生500円。問い合わせはイオンモール岡山チケットセンター(086—941—8818)。会場では一部フィギュアの販売もしている。