将棋の「第58期王位戦」7番勝負第3局の2日目は9日、札幌市の京王プラザホテル札幌で指され、先手の羽生善治王位(46)=王座、棋聖=が137手で挑戦者の菅井竜也七段(25)=岡山市=を下した。初タイトルを目指す菅井七段は初黒星で、対戦成績は菅井七段の2勝1敗となった。 菅井七段が3連勝するか、羽生王位が巻き返すか注目を集めた対局は、羽生王位が前日封じた67手目から再開。菅井七段は相手の猛攻を耐え続け、反撃のチャンスをじっと待ったが、羽生王位の攻めを切らすことができず劣勢に。逆転の望みをかけた勝負手も届かず寄せられた。 持ち時間各8時間のうち羽生王位は残り52分、菅井七段は同3時間24分。 八大タイトル戦の一つ王位戦の7番勝負は、9月まで全国各地を転戦。第4局は8月22、23日、兵庫県淡路市のウェスティンホテル淡路で指される。 岡山県出身棋士がタイトル戦に登場するのは大山康晴15世名人(倉敷市出身)以来、27年ぶり。