岡山県は9日、新たなPR動画の出演者を募るために行った「ハレウッド俳優オーディション」で、応募があった選考用動画から優秀作品9点を選んだ。県の特設サイトで公開している。 最優秀2点のうち、県知事賞は岡山市在住の学生ジョーガー・ジーナ・桃さん(18)、PR動画の監督が選ぶ「前野朋哉賞」は玉野高1年森下加奈巳さん(16)。 動画はいずれも本人が出演し、1分内。ジョーガーさんの作品は「水はやっぱり岡山が一番」などという天の声に導かれ、海外から岡山に旅立つ内容。森下さんは日本一の生産量を誇る学生服を取り上げ「全国の約8割の制服が岡山で作られている」とアピールしている。 優秀賞は次の皆さん。(敬称略) 石田敏之(岡山市)林ありさ(倉敷市)金定和沙、黒住尚生、林村ゆかり(以上東京都)片山七海(大阪市)津山愛理(福岡市)