岡山県内15市長による県市長会議が10日、津山市で開かれ、医療福祉や教育、まちづくりなどに関する国と県への提言11件を採択した。 内訳は国4件、県7件。各提言に盛り込んだ項目のうち、太陽光発電設備の適切な管理を求める法制度の厳格な運用▽県消防防災ヘリコプター「きび」の24時間運航体制の実現▽高齢になった障害者が安心して過ごせる居住施設づくりの推進▽農作物の被害抑制に向けたサルの個体数管理と有効な対策実施—などを重点事項とした。 国への提言は10月11日に山口市で開かれる中国市長会役員会に提案。県への提言は今月31日に知事と教育長に提出する。