岡山市北区京山の池田動物園で11日、エゾヒグマの大地(雄、22歳)にアイスキャンディーを模した特製の氷柱がプレゼントされた。大地は豪快にかじりつき、厳しい暑さの中、涼感たっぷりの演出を親子連れらが楽しんだ。 氷柱は縦1メートル、横0・5メートル、厚さ0・25メートルで重さ約120キロ。岡山市の製氷会社から提供された氷に飼育員が穴を開け、好物のモモやスイカ、オレンジを詰め込んだ。 この日、岡山市中心部の最高気温は34・4度とうだるような暑さ。北海道生まれで、夏に弱くバテ気味という大地は氷柱に近づくとガリガリと音を立てながらかじったり、抱いてプールに入ったりした。入園者は「冷たそう」などと言いながら見入った。 県内にある父の実家を訪れている高校1年女子生徒(15)=埼玉県草加市=は「うっとりと気持ちよさそうな大地の表情が愛らしかった。自分も特大アイスを食べてみたい」と話した。