アーティストが芸術作品やパフォーマンスを披露する「笠岡諸島アートブリッジ2017」(岡山県など主催)が11日、笠岡市沖の3島で始まり、岡山、笠岡市などの約60人が会場を巡るクルージングツアーを楽しんだ。 3島は白石島、高島、六島。高島の「子はらみ岩」の前では、台湾出身のダンサー李潔欣さんが音楽家岩本象一さんの演奏に合わせ、吹き抜ける風をイメージした優美な踊りを舞った。六島では音楽ライブ、竹などを使ったインスタレーション(空間芸術)の作品展示があった。白石島では古民家などに島をイメージした作品を展示しているほか、カフェを開設している。 ツアーに参加した男性(70)=井原市=は「作品からそれぞれの島の自然や歴史の魅力をあらためて感じた」と話した。 アートブリッジ2017は国内外のアーティスト12人が参加。島民と協力して島の自然や特産物などを活用した芸術を創作した。高島、六島はこの日限りで終了し、白石島のみ17日まで続ける。12日午後7時からはジャワ伝統琴、大正琴の演奏や影絵芝居がある。いずれも鑑賞無料。カフェは13、14日休み。