天満屋岡山店(岡山市北区表町)は16、17日、岡山県内の人気パン店の商品を各階の売り場で販売するイベント「てんまや パンめぐり」を開く。 米粉パン専門店大元工房(同市)や森本新店(倉敷市)、石窯パン工房麦のひげ(赤磐市)など7店が出店。3階婦人服や4階紳士服などの売り場にブースを設け、約120種類のパンを売り出す。 天満屋の若手社員が各店と共同開発したオリジナル商品も販売。サクランボやイチゴのドライフルーツをふんだんに使った食パン(360円)、大切り野菜が入ったビーフシチューパイ(300円)などを用意する。 同店は「お気に入りのパンを探しながら、店内の買い回りも楽しんで」と呼び掛けている。