JR西日本が山陽新幹線の小倉以東や岡山県内などの在来線で15日の終日運休を決めたことを受け、岡山駅は14日、帰省先からのUターンや旅行の予定を早めて移動する家族連れらで午後を中心に大混雑した。

 新幹線上りホームでは、自由席の乗降口に長蛇の列ができ、乗車できずに次の便を待つ人も。「15日の指定席を予約していたが、急きょ変更した。思った以上の人の多さ」とイベントに参加するため、大阪へ向かう男子大学院生(22)=愛媛県四国中央市。切符売り場や券売機も混み合い、臨時の窓口が設けられた。

 JR西岡山支社によると、この日の東京・新大阪方面の新幹線指定席は終日満席。自由席の乗車率は上り新幹線で最高160%、在来線は四国方面からの特急が最高200%に達した。