人気漫画「キン肉マン」の全国初となる常設ミュージアムが2024年4月下旬、静岡県沼津市のJR沼津駅南口にオープンすることが分かりました。

キン肉マンミュージアム製作委員会がきょう発表したもので、ミュージアムは沼津市大手町5-2-15、沼津仲見世商店街にある商業施設の1階と2階に開設し、総フロアー面積は840平方メートル。1階は「キン肉マン」の関連グッズを集めた物販コーナーと漫画や関連書籍を楽しめるフリースペースを設置。2階は45枚の複製原画、新作の等身大フィギュア、作家のゆでたまごさんのこれまでの歩みを紹介する展示物などが並ぶ予定だということです。

同委員会は沼津市が漫画の中で描かれたトーナメントマウンテンの舞台である富士山につながる街であることからロゴも富士山をモチーフに作成したということで「ファンも、まだ読んだことのない方も楽しめるコンテンツを用意し、新しい『キン肉マン』の聖地となることを目指したい」と話しています。

ミュージアムはゴールデンウィークまでにオープンする予定で、マスメディアを対象にした内覧会やオープン記念式典などを開くということです。

キン肉マンは1979(昭和54)年に少年ジャンプ(集英社)での連載が始まり多くのファンを持ち、2024年7月からはアニメの放送も予定されています。作者のゆでたまごさんは原作担当の嶋田隆司氏と作画担当の中井義則氏の二人のペンネームです。