いわゆる「袴田事件」で再審=裁判のやり直しをめぐる審理で、8月5日弁護側が請求した物理化学者の証人尋問が行われました。これで弁護団が今回の審理の「ヤマ場」と位置付けた証人尋問が終了しました。

1966年に旧清水市(現静岡市清水区)で起きたこの事件をめぐっては犯人が事件の際に着ていたとされる血液のついた「5点の衣類」が事件から1年2か月後にみそタンクの中から見つかり、有罪の重要な証拠とされてきました。

弁護側は「5点の衣類」の血痕にみられた「赤み」に着目し、「血痕を長期間みそにつけると赤みは残らない」と結論付け、「5点の衣類」は発見前に捏造されたものだと主張。一方で、検察側の実験では赤みが残る可能性があると主張しています。

8月5日は弁護側が請求した物理化学者の石森浩一郎北海道大学教授の証人尋問が非公開で行われました。

<間光洋 弁護士>
「検察側が問題にしているような酸素の濃度の問題や血液か血痕かという問題が影響はするが1年も経てば血痕の赤みは消えると明言してもらった」

弁護団によりますと、石森教授は「1年間みそに漬けられた場合、血痕の赤みは消える」と弁護側の実験を支持する証言をしたということです。これで弁護団が今回の審理の「ヤマ場」と位置付けた証人尋問が終了しました。

<袴田秀子さん>
「いつも同じことなんですが、もう再審開始は目に見えていますが、やっぱり裁判は決定が出ないと分かりませんので何とも言えませんが私は確信しています」