8月8日、川勝知事がリニア中央新幹線建設に伴う工事現場などを視察しました。工事による静岡県外への水の流出について、JR東海が「全量戻し」の具体案とした田代ダムでは、「地域貢献として責任をもって水を戻してほしい」と話しました。

<和田啓記者>
「川勝知事とJR東海の宇野副社長がこれから田代ダムの視察に向かいます」

川勝知事とJR東海の宇野護副社長などが訪れたのが、今まさに議論の新たな舞台となっている田代ダム。東京電力が水力発電のために大井川から取水している施設です。

大井川の水資源への影響が懸念されているリニア工事。静岡県などは、工事で湧き出て、県外に流出してしまう水の「全量戻し」を求めています。

これに対して、JR東海は「東京電力が田代ダムで取水している発電用の水を抑えてリニア工事による流出分と同じ量だけ大井川に還元する」案を提示しています。

<川勝平太知事>
「この水は見てください。誠にきれいな清冽な水です。ほとんどが田代ダムへ取られている。この水が戻ってくることは静岡県民にとって誠に僥倖であります。トンネルを掘った濁水ではない、この水質、このままの水が還ってくることに期待している」

川勝知事は田代ダム案を前向きにとらえていますが、その意味合いはJR東海と食い違います。

<川勝平太知事>
「言い出した以上、責任をもってJR東海としては(水が)戻るようご尽力賜るように心から申し上げたい。実現すれば皆が喜びますので、広い意味での地域貢献であると私は考えている」

<JR東海 宇野護副社長>
「地域貢献という意味合いは私どもとしては持っていませんが、あくまで全量戻しの対応の一環ということ」

JR東海との意見の食い違いが一段と鮮明になった今回の視察。田代ダム案が進展の糸口になるのか、JR東海による実現性の証明がカギになりそうです。