9月24日未明、静岡県浜松市天竜区で発生し、3人がけがをした土砂崩れで、崩落した土砂は人為的につくられた違法な盛り土だった疑いが指摘されています。

<三島乾児カメラマン>
「浜松市天竜区緑恵台の住宅地です。住宅地にある斜面が崩落し、浜松市職員による調査が行われています」

24日未明、静岡県浜松市天竜区緑恵台の住宅地で土砂崩れが発生し、住宅3棟が全半壊し、9歳の子供を含む3人がけがをしました。

この現場について複数の周辺住民からは、少なくとも5年ほど前まで業者による盛り土が造成されていたとの証言が相次いでいます。

<周辺住民>
「『残土捨て場』?『残土処理場』って小さな札が(起点に)立っていて。どこかから土を持ってきて捨てていたんじゃないかなと思う」

25日、現地で調査をした静岡県盛り土対策課は、別の土地から持ってきたとみられる土砂を確認。また、浜松市によりますと、盛り土を造成する際に必要な届け出は提出されていないということです。