富士山の初冠雪が記録された9月30日、環境省は2022年の富士山の夏山シーズンの登山者数が4つの登山道合わせて、16万100人だったと発表しました。2021年と比べると2倍ほどになっていますが、コロナ禍前の2019年と比べると、7割弱に留まっています。

【富士山夏山シーズン 総登山者数】
▽2022年ー16万100人
▽2021年ー7万8548人
▽2020年ー※開山せず
▽2019年ー23万5646人

【2022年夏山シーズン 登山道別登山者数】
▽吉田口(山梨県)ー9万4000人
▽富士宮口(静岡県)−4万1500人
▽須走口(静岡県)ー1万2600人
▽御殿場口(静岡県)ー1万2000人

静岡県側の3つの登山道では合計6万6100人でした。2021年の約2.7倍となりましたが、コロナ禍前の2019年と比べると8割弱です。御殿場口に関しては、コロナ禍前の2019年と同じ水準(2019年:1万2230人→2022年:1万2000人)にまで登山者数が回復しています。

山梨県側(吉田口)の登山者数が2021年の6割程度に留まったのと比べると、静岡県側の方が登山者数は回復傾向でした。

【富士山夏山シーズン(静岡県側)登山者数】
▽2022年ー6万6100人
▽2021年−2万4156人
▽2020年ー※開山せず
▽2019年ー8万5677人

登山者数がコロナ禍前の8割弱に留まった一方、遭難事故はコロナ禍前と同じ水準に達しています。

静岡県警によると2022年、静岡県側では50件の遭難事故が発生していて、登山者数に対して、救助を求める人の割合が増えたことが、浮き彫りとなりました。

【富士山夏山シーズン 静岡県側遭難事故】
▽2022年ー50件(51人)
▽2021年−14件(14人)
▽2020年ー開山せず
▽2019年ー46件(53人)

【2022年遭難事故の原因(静岡県側)】
「疲労」ー22件(22人)
「病気」ー13件(13人)
「転倒・滑落」ー9件(9人)
「道迷い」ー3件(4人)
「その他」ー3件(3人)

2022年は「疲労」による救助が目立ちましたが、新型コロナの影響によるアウトドアブームなどもあり、初心者による登山が多かったことなどが、一因とみられています。