台風15号の影響で9月24日に発生した静岡県静岡市清水区の大規模な断水が10月6日夜、12日ぶりにようやくすべて解消しました。

静岡市によりますと、10月6日に最後まで断水が続いていた和田島ブロックの北地区約600戸で給水が始まり、6日午後11時15分に飲むことが可能になったということです。

清水区では、9月23日から24日にかけて記録的な大雨に見舞われ、興津川の取水口が被害を受けるなどし最大で6万3000戸以上で断水しました。自衛隊による土砂撤去などで徐々に復旧し、12日ぶりにようやく断水がすべて解消されたことになります。

市では、配水量がまだ不安定なため、宍原地区と小河内地区では、10月7日の昼頃まで節水への協力を呼び掛けています。