花園行きの切符をかけた全国高校ラグビー静岡県大会決勝が11月13日、静岡県袋井市のエコパスタジアムで行われました。

勝つのは、2021年のリベンジを誓う東海大静岡翔洋か、それとも連覇を狙う静岡聖光学院か。ゲームは前半から動きます。翔洋リードで迎えた6分、聖光はCTB平野怜が抜け出してトライ。コンバージョンキックも成功し、勝ち越します。

対する翔洋、雪辱に燃えていました。FB山口航太郎からWTB保竹翼にボールがわたり、トライ。前半終了間際に逆転します。

勢いに乗る翔洋は後半3分。ラインアウトからモールを組むと、そのまま、トライにつなげます。終始攻め切った翔洋がライバル・聖光を22‐12で下し、2年ぶりの花園切符を掴みました。